志葉楽(シバラク)

アクセスカウンタ

zoom RSS ●綴方教室 (1938年) - 山本嘉次郎

<<   作成日時 : 2014/12/21 13:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●綴方教室 (1938年) - 山本嘉次郎
https://www.youtube.com/watch?v=ehZWypEKxVU
 
◆製作 : 東宝映畫
公開 : 昭和13年(1938年) 8月21日
監督 : 山本嘉次郎 / 原作 : 豊田正子
出演 : 高峰秀子 ・ 滝沢 修 ・ 清川虹子 ・ 徳川夢声 ・ 水谷史郎 ・ 赤木蘭子 ・ 小高まさる ・ 三島雅夫 ・ 本間敦子 ・ 宮川あき子 ・ 音羽久米子 ・ 平田久江 ・ 山形天洋 ・ 伊藤智子
 
◆『綴方教室』(つづりかたきょうしつ)http://urx2.nu/frgd
1930年代に、鈴木三重吉の影響下で教育運動として盛んになりつつあった生活綴方運動の中で、東京・下町の小学校教師、大木顕一郎の指導・編集・解説で出版された当時、本田小学校4年の豊田正子の26篇の「綴方」(雑誌『赤い鳥』掲載)を収め、1937年に出版された本の題名。

現在の岩波文庫版(山住正巳編、1995年、ISBN 4-00-332001-8)には、続編『続綴方教室』『粘土のお面』に収録された文章も10編合わせて収録されている。

出版されるや否や、当時の大衆の生活を素直な子供らしい視点で描いたことが話題になり、大ベストセラーとなる。戦後にも無着成恭らの「綴り方教育」に多大な影響を与えた。

翌1938年3月6日から3月20日まで新築地劇団が舞台化し、8月には東宝で山本嘉次郎監督によって映画化されて評判になった。
 
◆つづりかたきょうしつ【綴方教室】世界大百科事典
豊田正子の綴方作品集。豊田は1922年東京の下町,本所に生まれ,葛飾区立本田立石尋常小学校4年生のとき,子どもの目に写った下町の庶民生活を綴方に書いた。それらが雑誌《赤い鳥》綴方作品欄に多数入選し,鈴木三重吉の高い評価を得,大木顕一郎・清水幸治共著《綴方教室》(1937)として出版された。同書は,大木の指導によって豊田の才能が作品化されたもので,綴方表現指導を現実社会の認識・思考の教育的方法として位置づける生活綴方運動の作品群とは異質である。
 
◆綴方教室   日本大百科全書(ニッポニカ)
つづりかたきょうしつ
東京の下町に生い立った一少女豊田正子(とよだまさこ)(1922―2011)の書いた作文集。大正期に創刊された童話雑誌は、みな子供の作文や自由詩を募集していたが、豊田正子は小学3年生ごろより教師の指導で『赤い鳥』に作文を投稿。鈴木三重吉(みえきち)より高い評価を得て書き続けた作文を、教師の大木顕一郎が編んで『綴方教室』(1937・中央公論社)として出版、続編に『続綴方教室』『粘土のお面』がある。自然の美しさを素朴に綴ることをおもな目的とした綴方を、いわゆる生活綴方に転換させる糸口をつくった。社会的にも有名になり、高峰秀子の主演により映画化され、また児童演劇化もされた。作者の豊田正子は、小学校を卒業したあと労働生活のなかで小説を書くようになり、長編『芽ばえ』『おゆき』などを出した。[上笙一郎]
『豊田正子著『綴方のふるさと』(1963・理論社) ▽『綴方教室』(1984・木鶏社)』

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
●綴方教室 (1938年) - 山本嘉次郎 志葉楽(シバラク)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる