志葉楽(シバラク)

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆小説『ハコネ用水』

<<   作成日時 : 2014/12/04 20:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◆小説『ハコネ用水』
 https://www.youtube.com/watch?v=Vnsr6uwGmRg
 
◆(出演者)河原崎長十郎、中村翫右衛門、河原崎国太郎、轟夕起子、山田五十鈴、岸旗江­、飯田蝶子、薄田研二、清水将夫、嵯峨善兵
 原作は、タカクラ・テルの小説『ハコネ用水』(理論社、1951年)。主演の山田五十­鈴が第7回毎日映画コンクール女優主演賞受賞(「現代人」の出演も含む)、ブルーリボ­ン賞主演女優賞を受賞。戦前から映画製作会社と提携して時代劇映画を製作してきた劇団­前進座の戦後第1作目の時代劇作品。現代劇映画『どっこい生きてる』に続く戦後2作目­。
 
◆深良用水 - Wikipedia  http://urx2.nu/eR5c
深良用水(ふからようすい)は、箱根山をトンネルで貫き、神奈川県・箱根の芦ノ湖の湖水を静岡県裾野市に引くために造成された灌漑用水路。箱根用水(はこねようすい)とも呼ばれる。これは当時の小田原藩が主導して行なった新田開発の町人請負の一つであり、従来の 箱根用水の美談化された話は、近代以降に創作されたものである。因みに深良用水は、 本来は箱根用水と呼ばれ、また深良水門は、歴史的に四つ留水門と呼ばれてきた
 
◆『箱根風雲録』(はこねふううんろく)
http://urx2.nu/eR5i
1952年に新星映画と前進座が製作し、北星株式会社が配給した日本映画である。
 
◆箱根用水   ブリタニカ国際大百科事典
はこねようすい
別称深良用水。静岡県東部,芦ノ湖と黄瀬川を結ぶ灌漑用水路。延長 7km。箱根外輪山をトンネル (延長 1280m,幅 2m) で貫き,芦ノ湖の水を黄瀬川に導水している。寛文3 (1663) 年深良村の名主大庭源之丞ら地元民により計画,江戸幕府に願い出,同6年許可され,友野与右衛門が中心となり着工,同 10年完成。
 
◆箱根用水【はこねようすい】百科事典マイペディア
静岡県裾野市にあり,富士山麓の駿東(すんとう)郡一帯を灌漑(かんがい)する用水。深良村の名主大庭源之丞らが幕府の許しを得,江戸浅草の友野与右衛門らが元締になって1666年着工,1670年完成。
 
◆はこねようすい【箱根用水】世界大百科事典
箱根の芦ノ湖の水を駿河国(静岡県)駿東郡に引水した灌漑用水。はじめ箱根掘貫,のちに深良(ふから)用水と呼ぶ。江戸町人友野与右衛門らが駿東郡深良村名主大庭源之丞とともに湖水を利用した新田開発を企て,1666年(寛文6)小田原藩と幕府の沼津代官所に出願,70年に完成した。灌漑高は6030石。用水の中心は湖岸からの掘貫(隧道)で長さ約1300m,その先は堀割で黄瀬川に合流している。開発された水田はもとは畑であったものである。
 
◆箱根用水   日本大百科全書(ニッポニカ)
はこねようすい
深良(ふから)用水ともいう。箱根外輪山湖尻(こじり)峠の下に隧道(ずいどう)を掘り、相模(さがみ)国(神奈川県)芦ノ湖(あしのこ)の水を駿河(するが)国駿東(すんとう)郡深良村(静岡県裾野(すその)市)の深良川に注ぎ、さらに流路変更や新川掘削工事などを施して黄瀬(きせ)川に結び、かつての井組29か村(御殿場(ごてんば)市の一部および裾野市、長泉(ながいずみ)町、清水町など)、面積500ヘクタール余に灌漑(かんがい)用水を供した用水。この用水の特色は、相駿国境および水系を越えた用水路であること、また湖尻峠の下に長さ1341.8メートル、平均勾配(こうばい)250分の1、取入口と取出口の標高差9.8メートルという巨大な隧道をもつことである。深良村以南の地は箱根山および愛鷹(あしたか)山の裾に開け、北から南に黄瀬川が流れているが、水量も少なく、また深い侵食谷を形成しており、灌漑用には不十分で開発も不可能であった。
 1663年(寛文3)ごろ深良村名主大庭源之丞(おおばげんのじょう)は、江戸浅草の商人と伝えられる友野与右衛門(よえもん)らと図り、芦ノ湖の水につき伝統的に権限をもつ箱根権現(ごんげん)の別当快長(かいちょう)の理解も得て、大庭、友野らが元締(もとじめ)となって幕府に開削願いを出し66年に着工、70年に完成させた。動員された人夫33万余人、工事費も6000両とか、9700両などといわれ、工法も火薬など用いず鉄のみだけで掘り開けたという。隧道工事の進展につれ、箱根関所の存在にかかわり、幕府などの妨害をしばしば受け、また完成後まもなく友野らが消息不明になるなどの悲劇を伴っていたため、タカクラ・テルの小説『箱根用水』の題材にもなった。
 なお、この工法の原型を蓼科(たてしな)山北麓(ろく)の五郎兵衛堰(ごろべえぜき)(長野県佐久市。1631完成)に求める推測もある。相駿二国にかかる用水路であったため、1896年(明治29)の逆川口破壊事件など神奈川県早川水系の人々との水利権をめぐる争いもみられた。[若林淳之]
『『静岡県駿東郡誌』(1917・駿東郡役所) ▽タカクラ・テル著『箱根用水』改訂版(1971・東邦出版)』

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◆小説『ハコネ用水』 志葉楽(シバラク)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる